デリケートゾーン 黒ずみ かゆみ

デリケートゾーンの黒ずみはかゆみで悪化!?黒ずみとかゆみの対処法

デリケートゾーンの気になる黒ずみはかゆみとともに悪化してしまうことをご存知ですか?デリケートゾーンの黒ずみとかゆみは相互関係にあり、このお悩みを改善するためには、一緒に対処していくことが大切です。

 

そこで今回は、デリケートゾーンの黒ずみとかゆみについて、詳しくご説明していきます。
ぜひ参考にして、お悩みを早期に改善するためにも効果的に対処していきましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係

 

デリケートゾーンは肌の状態が不安定になりやすい部分です。
肌の状態が不安定になると、バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなり、様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

 

デリケートゾーンの肌状態が不安定になる原因はいくつかあり、まず挙げられるのが非常に蒸れやすい部分ということです。デリケートゾーンは体の中での汗腺が多く分布しているので、汗をかきやすいので湿気が多く、下着や衣服によって蒸れやすくなっています。

 

その他にも、ホルモンバランスの乱れ、生理用ナプキン、体調不良などの影響によっても、肌の状態が変化しやすく、デリケートゾーンはかゆみを伴う不快感を感じることが多くなっていきます。

 

デリケートゾーンにかゆみが生じ、ついつい掻いてしまうと、更に肌にとって刺激となり、肌の状態はさらに不安定な状態となり、掻けば掻くほどにかゆみが増してしまうのです。

 

かゆみによってデリケートゾーンを触ることが多くなってしまうと、その刺激から守るために肌はメラニン色素を過剰に分泌するようになっていきます。

 

メラニン色素というと、シミやそばかすの原因として良いイメージを持っていない方も多いことでしょう。しかし、メラニン色素は肌が受けた刺激によって、肌内部にまでダメージが届かないようにブロックするという重要な役割を担っているのです。

 

肌を守るために重要な働きをするメラニン色素ですが、過剰に分泌されることでメラニン色素の特徴である黒色色素が肌に残り、デリケートゾーンが黒ずんでしまうのです。

 

肌の状態が安定していれば、肌内部のメラニン色素はターンオーバーによって排出されていきますが、かゆみが生じているようなバリア機能が低下した肌では、スムーズに排出されることが難しくなり、肌の状態を悪化させてしまうのです。

 

上記のことからも、デリケートゾーンのかゆみを改善することができれば、肌のバリア機能が正常になり、黒ずみの原因となるメラニン色素の分泌を抑制や排出ができるようになります。

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、かゆみが生じている原因に合った対処ができれば、肌の状態を安定させることはできるようになっていきます。

 

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみの対処法

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善するために、まずはかゆみの原因を理解することが大切です。先ほどもお伝えしたように、デリケートゾーンは様々な原因で肌のバランスが崩れてしまうので、まずは自分の肌の状態を知ることが重要になります。

 

例えば、生理前後にデリケートゾーンにかゆみが出る方は、ホルモンバランスの乱れや生理ナプキンによる蒸れが原因になっていることが考えられます。

 

生理前後はどうしてもホルモンバランスが乱れやすくなるので、ニキビや乾燥などの肌荒れが生じることも多く、デリケートゾーンも同じようにトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

 

また生理前後と同様に、体調不良や乱れた食生活によってもホルモンバランスに影響を与えてしまうので、ホルモンバランスを整えるためには、まず乱れた生活習慣を見直すことが重要です。

 

充分な睡眠・栄養バランスの良い食事・適度な運動など、生活習慣を整えることで次第にホルモンバランスや肌のターンオーバーが良い状態をキープできるようになり、生理や体調によって影響を受けることが少なくなっていきます。

 

生理ナプキンや下着、衣服による蒸れや擦れが原因でかゆみが生じている時には、デリケートゾーンを清潔に保っておくことが大切です。
デリケートゾーンは毎日丁寧に優しく洗い、汚れや雑菌の繁殖を防ぐようにしましょう。

 

また生理ナプキンや下着など、直接肌にあたるものの素材によってかゆみが生じることもあります。コットンやシルクなど肌に優しい自然素材のもので、通気性が良いものを選んで使用するようにしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみを一気に改善!

 

デリケートゾーンの黒ずみはかゆみを抑えることで徐々に改善していきます。
ご紹介した対処法を日々の生活に活かしながら、適切にケアするようにしましょう。

 

ただ気を付けておきたいのは、デリケートゾーンのかゆみは何らかの病気が原因になって生じている場合もあります。ケアしてもかゆみが治まらない時や異常なかゆみを感じた時には、すぐに病院を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。