イビサクリーム 顔

イビサクリームは顔に塗っても大丈夫?

イビサクリームは全身に使える!

イビサクリームは黒ずみを消したい時に利用するクリームで、主にデリケートゾーンに生じることが多い黒ずみをきれいな状態に修復してくれます。

 

しかし、黒ずみはデリケートゾーンだけでなく、顔のくすみや両脇など、ムダ毛処理を繰り返している個所に生じやすい肌トラブルなので、顔にも使えると便利だと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

イビサクリームは基本的に身体や顔に塗っても安心して使える黒ずみ消しクリームです。デリケートゾーンは勿論のこと、お尻や両脇、顔や胸などに生じてしまった黒ずみを解決するのに最適です。

 

ちなみに、イビサクリームにはトラネキサム酸と呼ぶ成分が含まれているのですが、この成分は強い美白効果を持つと同時に炎症を抑える作用を期待出来る、厚生労働省が認可を行っているため安心です。

 

この成分の作用によりくすみも取れるため、肌色が明るくなる効果を期待出来ます。

 

資生堂の美白化粧品HAKUと同じ成分配合

資生堂の美白化粧品HAKUは、シミやくすみなどの肌への悩みを抱えている女性にお勧めの美白美容液です。こうした美白美容液は多数あるものの、毎日使っていてもあまり効果が感じられないのは、何が問題なのだろうかと疑問に感じる女性も多いのではないでしょうか。

 

イビサクリームや美白化粧品HAKUは、どちらも黒ずみやくすみを解決出来る、肌色がワントーン明るくなるため、若々しくなれるなどの魅力に繋がります。どちらも美白を目指したい女性にとってのメリットは大きいアイテムと言えましょう。

 

美白の定番とも言われているHAKUには、イビサクリームと同じ成分が含まれています。これはトラネキサム酸やカモミラエキスと呼ぶ成分で、顔に塗った時には黒ずみよりも、シミ消しとして有効活用が出来る嬉しい成分なのです。肌荒れをきちんと修復してくれる作用も期待が出来ます。

 

イビサクリームは無添加で安心

イビサクリームにはトラネキサム酸やグリチルレチン酸、カモミラエキスやローズ水などの成分が含まれており、添加物が一切含まれていないので、肌が弱い人でも安心して利用が出来るなどの評判を持ちます。

 

ちなみに、添加物とは商品をよりきれいに見せるための色素、製品の品質を長期間維持させるための保存料などで、食品などにも使われているケースが多いと言えましょう。添加物の中には天然由来成分で構成が行われているものもありますが、人工的に作り出された添加物は身体に対してあまり良いとは言えません。

 

それため無添加の製品を選びたいと考えている人がおおいわけです。イビサクリームの場合は5つの添加物(合成・香料、着色料、鉱物油、アルコールにパラペン)が一切加えられていない化粧品、赤ちゃんの肌にも使えるとも言います。