デリケートゾーン 黒ずみ ニベア

デリケートゾーンの黒ずみにニベアは効く?気になる効果を徹底検証!

家族のスキンケアとして絶大な人気を誇る「ニベア」ですが、デリケートゾーンの黒ずみの改善にも効果が期待できるのでしょうか?

 

そこで今回はデリケートゾーンの黒ずみに対する「ニベア」の効果を徹底検証してみました。
デリケートゾーンの黒ずみの改善にはどんなお手入れが必要なのか、ぜひ参考にして効果的なお手入れを始めましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみに効く?「ニベア」の効果

 

デリケートゾーンの黒ずむと、普段は下着や衣服などで隠れて見えない部分とはいえ、やはり気になってしまうものです。そんなデリケートゾーンの黒ずみを改善するお手入れが、身近にあるモノでできればいいですよね。

 

実は、ボディケアとして多くのご家庭で使われている「ニベア」が、デリケートゾーンの黒ずみケアとして注目されています。「ニベア」はデリケートゾーンの黒ずみの改善に本当に効果があるのか、まずはデリケートゾーンが黒ずんでしまう原因から見ていきましょう。

 

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因はメラニンが過剰に分泌し肌に沈着することで、肌を黒く見せているのです。メラニンと言えば、シミやそばかすの原因として認識している方も多いと思いますが、肌の黒ずみにもメラニンが関係しているのです。

 

メラニンは紫外線によって分泌されるだけでなく、肌に刺激が加わることでも過剰に分泌することになります。メラニンは紫外線や刺激から肌を守るために分泌されているので、ただ単にシミやそばかす、黒ずみの原因になる悪者というわけではありません。

 

デリケートゾーンの皮膚でメラニンが過剰に分泌されるのは、下着や衣服の摩擦やホルモンバランスの乱れなど、いくつかの原因が挙げられます。特に下着は直接肌にあたるため、締め付けや素材によっても刺激となってしまうことがあります。

 

肌に刺激が加わることで、バリア機能が低下しダメージを受けやすい肌へと変化していきます。デリケートゾーンは汗やオリモノなどで蒸れてかぶれやすく、肌がダメージを受けやすい不安定な状態であることも、肌状態が悪化する原因と考えられます。

 

このような不安定な肌状態を改善するためには、肌のバリア機能を高めて、刺激によるダメージを受けにくい肌を維持することができれば、メラニンの過剰な分泌を食い止め、デリケートゾーンの黒ずみのお悩みを軽減することができます。

 

肌のバリア機能を高めるためには保湿のケアが重要になり、身近にある保湿力が高いスキンケアとして、「ニベア」の効果が期待できるのです。

 

「ニベア」には保湿効果の高いスクワランオイルやホホバオイルが配合されており、肌にうるおいを留めることでバリア機能を強化し、ダメージを受けにくい安定した肌状態を保つことができるようになります。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果的に「ニベア」を使うなら…

 

下着の締め付け部分が当たる鼠径部は特に黒ずみやすい部分なので、お風呂上りなど皮膚を清潔にした状態でしっかり「ニベア」を塗りましょう。黒ずみが改善しても、ボディケアを習慣として行えば、肌の状態を安定させて黒ずみを予防することができます。

 

デリケートゾーンにニベアを使用する時は、付け過ぎないように少量を手に取ってしっかり伸ばすようにしましょう。クリームが硬く伸びが悪い時には、手のひらで温めたり、ベビーオイルなどを数滴たらして柔らかくしたりしてからお手入れをしましょう。

 

ここで注意が必要なのが、外陰部のお手入れをする時です。Iラインといわれる大陰唇もデリケートゾーンの中で黒ずみやすい部分ではありますが、膣口や小陰唇など粘膜や粘膜に近い部分には「ニベア」を使用することは控えるようにしましょう。

 

またデリケートな部分なので、スキンケアが肌に合わないことも多々あります。
「ニベア」をつけるとかゆみや痛みなどの不快感が生じる場合は、すぐに使用を控えるようにしましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみは「ニベア」で治そう!

 

日々のデリケートゾーンのケアとして適切に「ニベア」を使えば、黒ずみの改善や予防に高い効果が期待できます。デリケートゾーンの黒ずみを改善するために、ぜひ今日のお手入れから「ニベア」を取り入れてみましょう!