デリケートゾーン 黒ずみ ピーリング

デリケートゾーンの黒ずみとピーリング効果~お手入れ法と注意点

黒ずみが気になるデリケートゾーン。
ゴワつく肌はピーリングで改善することができるのでしょうか?

 

デリケートゾーンはその名の通り、間違ったお手入れをしてしまうと、黒ずみを悪化させてしまうほどに繊細な部分です。そこでピーリングが黒ずみ改善にどのような影響をもたらすのか、詳しくご説明していきます。

 

デリケートゾーンの黒ずみに本当に必要なケアについて、考えてみましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみにピーリングは効く?

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、肌に過剰にメラニンが分泌され色素沈着を起こしてしまっていることです。特にデリケートゾーンの皮膚は体の中でも一番薄いため、メラニンの特徴でもある黒色色素が目立ちやすいのです。

 

ではなぜメラニンが過剰に分泌されるようになるのか、それはデリケートゾーンが置かれている環境が大きく関係しいています。

 

メラニンが分泌される時は、皮膚が刺激やダメージを受けた時です。
ダメージが肌内部にまで届かないように、ブロックするためにメラニンが過剰に分泌され、肌を守る働きをしているのです。

 

デリケートゾーンの刺激やダメージとなっている主な原因としては、下着や衣服による摩擦や汗やオリモノによる蒸れなどが挙げられます。常に下着や衣服に接触し、オフィスでは長時間座っていることが多いと、デリケートゾーンの皮膚は不安定な状態になりがちです。

 

刺激やダメージの影響によってメラニンが過剰に分泌されるようになりますが、お肌の状態が安定してれば、ターンオーバーと言われる肌の新陳代謝によって古い角質とともにメラニンが排出されていきますが、肌の状態が不安定だとターンオーバーも乱れがちに…。

 

ターンオーバーが乱れるとメラニンを多く含む古い角質が肌表面に蓄積するようになり、デリケートゾーンが黒ずんでしまうので、改善するためには古い角質を排出し、肌のターンオーバーを正常な状態に戻すことが必要になります。

 

肌のターンオーバーが整えば、肌の状態が安定しバリア機能も高まるため、刺激やダメージを受けにくくなり、メラニンの過剰な分泌を防ぐことができるので、デリケートゾーンの
黒ずみ改善や予防に、効果が期待できるようになります。

 

古い角質を排出するお手入れで、一番効果的なのがピーリングケアです。
ピーリングは古い角質を取り除く角質ケアで、ターンオーバーの乱れを正常に整える効果があります。

 

お顔のピーリングのように、適切な方法でデリケートゾーンのピーリングを行えば、気になる黒ずみも一掃することができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみに効果的なピーリングケア

 

先ほどもお伝えした通り、デリケートゾーンの皮膚は体の中でも特に薄く繊細です。
スクラブ剤などでゴシゴシお手入れをしてしまうと、皮膚のダメージが大きくなり黒ずみが悪化してしまうので注意しましょう。

 

ピーリング剤はたくさん市販されていますが、お顔や体用ではなく、デリケートゾーン専用のピーリング剤を選んでケアすることが大切です。デリケートゾーン専用のピーリング剤は肌への負担が少なく、ダメージを与えずにお手入れをすることができます。

 

ピーリング剤を正しく使用し、週1回程度お手入れするようにしましょう。ピーリングをし過ぎると、必要な角質までも剥がしてしまい、逆に肌の負担になってしまうので、頻度や使用法を守って使うことが重要です。

 

ピーリングの後は、肌が敏感になりやすいのでしっかり保湿のケアをしておきましょう。
美白効果が期待できるボディケアなら、メラニンの抑制・排出効果によって、更に黒ずみを早期に改善することができるようになります。

 

肌の状態を安定させてバリア機能を高めるためにも、保湿や美白のお手入れはピーリングをしない日も習慣として行うようにしましょう。

 

ピーリングでデリケートゾーンの黒ずみを解消しよう!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみには、ピーリングのお手入れや日々のボディケアが重要なポイントになります。

 

しかし、間違った方法でピーリングを行うと、逆に肌を傷付けてしまうことになり黒ずみだけでなく、様々な皮膚トラブルの原因になることもあるので、肌の状態を見ながら適切に行うように心がけましょう!