デリケートゾーン 黒ずみ 自宅

デリケートゾーンの黒ずみは自宅で治そう!自分でできる効果的なお手入れ法

デリケートゾーンの黒ずみは友達などに相談しにくく、自分一人でお悩みを抱え込んでいる方も多いのではないでしょうか?治したいけどデリケートゾーンの黒ずみで病院を受診することにも抵抗があり、何とか人に知られずに改善したいと思いますよね。

 

そこで今回は自宅でできる効果的なデリケートゾーンの黒ずみケアについて、ご紹介していきます。ポイントを押さえて効果的にお手入れすれば、気になる黒ずみもキレイに改善していきます。

 

自宅でできるケアをぜひ参考に、日々のボディケアに取り入れてみましょう!

 

自宅で治る?デリケートゾーンが黒ずむ原因

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因は、外的ダメージによりメラニンが過剰に分泌されることで生じる肌トラブルです。デリケートゾーンの皮膚は体の中でも特に薄いので、皮膚内の黒色メラニンが目立ちやすくなり黒ずみが気になってしまうのです。

 

元々メラニンは、肌がダメージを受けることで防御反応が働き分泌される細胞です。
メラニンが分泌されることで、外部からのダメージが肌内部に影響を与えないように、ブロックするというお肌を守る重要な働きをしているのです。

 

そのため、肌がダメージを受け続けることでメラニンは過剰に分泌されるようになりますが、通常であればメラニンを含む古い角質は肌の新陳代謝によって、肌表面から剥がれ落ち、メラニンが過剰に分泌したとしても、自然と排出されていきます。

 

しかし、ダメージを受けているデリケートゾーンの肌は、新陳代謝のリズムも乱れやすくなってしまうため、メラニンを含む古い角質が肌表面に蓄積し、色素沈着を起こすようになり、デリケートゾーンの黒ずみが悪化することになります。

 

このことからも、デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、肌が受けているダメージを断ち切り、肌の新陳代謝のリズムを安定させることが大切になります。

 

デリケートゾーンの肌ダメージはいくつか挙げられますが、主に下着による締め付けや摩擦・汗やオリモノによる蒸れ・カミソリでのムダ毛処理・洗いすぎなどで生じるダメージが原因となっています。まずはダメージとなっている原因の特定から始めてみましょう。

 

自宅で簡単!デリケートゾーンの黒ずみを改善するお手入れ法

 

デリケートゾーンの黒ずみを改善するためには、上記でご紹介した原因となっている肌ダメージを取り除くことが大切です。

 

特に下着の締め付けや摩擦は、黒ずみの悪化に繋がってしまうので、締め付けがキツイ小さめサイズの下着や、通気性の悪いポリエステルなどの化学繊維は避け、肌に優しく蒸れにくいシルクやコットンなどの天然素材のものを選びましょう。

 

またデリケートゾーンを常に清潔に保っておくことは大切ですが、ナイロンタオルなどで力強くゴシゴシと洗ってしまうと肌ダメージが増してしまうので、ボディソープを泡立ててから優しく洗い、すすぎ残しのないようにしっかり洗い流すようにしましょう。

 

色素沈着を起こしてしまうと改善が難しくなるので、ボディケアをプラスする必要があります。最近はデリケートゾーン専用のクリームなどが多数販売されています。自宅で黒ずみケアを行うなら、専用のアイテムでお手入れした方がより改善効果が期待できるでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみ改善には、保湿と美白の効果があるものを選びましょう。
保湿で肌のバリア機能を高め、美白でメラニンの分泌を抑制・排出を促すことで、肌の免疫を高めながら、肌の状態を安定させていくことができます。

 

デリケートゾーンの黒ずみは自宅で治そう!

 

デリケートゾーンの黒ずみは、なかなか人に言いにくいお悩みなので、できれば自宅でケアして改善したいものです。日々のケアを積み重ねることで、黒ずみのない肌へと一歩ずつ近づけることができるので、意識を高く持ってお手入れするようにしましょう。

 

デリケートな部分だからこそ、お顔のケアをするように肌の状態を見ながら、本当に必要なケアを見極めて、毎日の習慣としてお手入れするようにしましょう!