デリケートゾーン 黒ずみ 自転車

デリケートゾーンの黒ずみは自転車が原因!?要注意な生活習慣!

通勤やちょっとしたお買い物などのおでかけに自転車を愛用している方も多いことでしょう。普段何気なく乗っている自転車が、実はデリケートゾーンの黒ずみを悪化させる原因になっている可能性があります。

 

なぜ自転車に乗るとデリケートゾーンの黒ずみが悪化してしまうのか、気になる原因について詳しくご説明していきます。その他にも生活の中で注意が必要な習慣など、ぜひ参考にして日々の生活を見直してみましょう!

 

デリケートゾーンの黒ずみは自転車で悪化する!?

 

人に見られことは少ないデリケートゾーンですが、黒ずみができてしまうと気になってしまいますよね。デリケートゾーンが黒ずむ原因はいくつか原因がありますが、その中の一つに「摩擦」の影響が挙げられます。

 

デリケートゾーンの皮膚は「デリケート」と言われるだけあってとても繊細です。体の中でも特に皮膚が薄いため、小さなダメージでも大きなトラブルとなってしまうことが多く、何気ないことでデリケートゾーンの黒ずみを悪化させているのです。

 

生活の中で自転車に乗る習慣がある方は、全く自転車に乗らない人と比べると、デリケートゾーンが黒ずみやすい傾向にあります。

 

下着や衣服による摩擦でさえも黒ずみの原因となってしまうデリケートゾーンにとって、自転車に乗っている時の摩擦はさらに大きな刺激となり、黒ずみを加速させる原因になってしまいます。

 

特にデリケートゾーンは下着や衣服が常に密着しており、摩擦が起こりやすいだけでなく蒸れやすく肌が不安定な状態になりがちです。そんなデリケートゾーンに摩擦が生じると、肌表面の角質層が摩耗し、肌を守るバリア機能がどんどんと低下してしまうのです。

 

バリア機能が低下してしまった肌は、自転車等の摩擦ダメージを更に受けやすくなります。肌は刺激を受けると、ダメージから肌を守るために、メラニンを過剰に分泌するようになります。

 

メラニンとは、シミやそばかすなどの原因として、お肌にとってあまり良いイメージがない方も多いとは思いますが、本来はお肌を守るために重要な働きをするなくてはならない細胞なのです。

 

肌の構造は肌表面から表皮・真皮・皮下組織の3層構造になっています。そしていわゆる「皮膚」と言われる表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層と4層に分かれています。
メラニンはこの表皮の基底層にあるメラノサイトから分泌されています。

 

メラノサイトは自転車で生じる摩擦が刺激となって、メラニンを過剰に分泌するようになります。分泌されたメラニンは、肌のハリや弾力を維持する働きをする真皮にまで摩擦による刺激が届かないように、肌のダメージをブロックしているのです。

 

このように肌を守るために重要なメラニンは、過剰に分泌されても肌のターンオーバーで古い角質とともに排出されていきます。ターンオーバーとは肌の生まれ変わりのことで、20代であれば約28日周期で、メラニンが排出され新しい肌へと生まれ変わっていきます。

 

しかし、度重なる摩擦や刺激によってバリア機能が弱まった皮膚は、このターンオーバーの周期が乱れがちになり、メラニンを多く含んだ古い角質が肌に留まることで黒ずみが悪化してしまうのです。

 

デリケートゾーンの黒ずみを悪化させないために…

 

デリケートゾーンの黒ずみの原因の一つに自転車に乗ることが影響しているので、自転車に乗らないということが一番の予防と言えます。しかし通勤や買い物など、生活の中で習慣的に自転車に乗っている方にとっては、自転車に乗らないわけにはいかないでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみが気になるけど、自転車にも乗らないといけないという方は特に、デリケートゾーンのお手入れを強化して行うことが大切です。

 

肌のバリア機能が摩擦で弱くなっているので、デリケートゾーンの肌をしっかり保湿しておくことが大切です。特に摩擦や黒ずみが気になる部分に保湿剤を塗っておくと、摩擦によるダメージを軽減することができます。

 

デリケートゾーンをしっかり保湿し、バリア機能が高まってくれば、自転車による摩擦ダメージが軽減されるのでメラニンの過剰分泌を抑え、ターンオーバーのサイクルの乱れも整うようになっていきます。

 

また、自転車に乗る時にデニムなどの堅い素材のものを着ていると、摩擦や刺激が強くなってしまうので、締め付けが少なく肌触りの優しい下着や洋服を選ぶようにしましょう。

 

その他にもサドルの材質が硬い場合は、クッションなどを挟んだり、衝撃吸収素材のものに変えたりと、なるべくデリケートゾーンに負担がかからないように工夫してみましょう。

 

気になるデリケートゾーンの黒ずみは早期に対処して!

 

習慣的に自転車に乗る場合、毎日の積み重ねでデリケートゾーンの黒ずみが徐々に悪化していくことになります。黒ずみが気になり出したら、また気になる前から早めに対処して、悩みが深刻化しないように心がけましょう。